無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の保険について- insurance -

ドローンの普及率が年々高まってきていますが、同時に事故などによるトラブルも増えています。
飛行中の故障や操作ミスによって他人に当たってしまった場合、大惨事になる可能性があります。
ドローンを対象とした保険の種類も増えてきていますので、万一の事故に備えて保険への加入を推奨しています。

1.賠償責任保険

対人・対物、人格権侵害を対象としたドローン保険。
ドローンによる事故で、他人に怪我を負わせてしまった場合・他人の車や家などを破損させてしまった場合に起こる、治療費や修理費などの賠償責任に対して適用される保険。
また、空撮による動画に意図せず他人が映り込んでしまい、プライバシー侵害で訴えられてしまった場合にも適用されます。

2.機体保険

機体の破損に対して補償される保険。
墜落や衝突による破損、落雷などによる偶然な事故によって生じた損害に対して支払われる、ドローン本体(機体)に適用される保険。
また、飛行中に機体をロスト(行方不明)になってしまった場合、捜索のための交通費・宿泊費なども対象となります。

このページの先頭へ